内面劇場

本の感想をメインに書いてます

『怪談と名刀』刀工についても勉強になる刀剣ダークファンタジー

 

 

刀剣好き怪談好きに持ってこいのこの本は、日本刀をメインにした28作からなる逸話集です。

日本刀も名刀になると「号」がつけられますが、その由来となる逸話が載っています。

日本刀は古来より神的な役割をもっているせいか話の中も妖怪退治ものが多く、悪を断ち切る意味合いが強く込められていたのかもしれません。

如何にこの刀が優れているか、主人にとって勝利を与える存在かということが読み手に伝わるようにドラマティックに作りあげられているので、それぞれ短編ながらも、読み応えのある作品です。


そしてもう一つ、楽しいと思ったポイントは話の後に、登場した刀剣を作った刀工について著者が解説をしているところです。
日本刀は、真正を見極めることはとても難しいので、著書の見識が全く正しいかは正直わかりませんが、明治時代から昭和中期のまだ日本刀や軍刀が身近にあり、趣味で刀剣研究をされていた著者ならではの知識が学べて勉強になります。

 

私は日本刀も好きですが、元々宝剣など伝説から入ったので、やはりウソだとしても逸話がある刀剣というのはファンタジーですよね。好きです。

 本のあとがきによると、もともと本書は、昭和10年に刊行されており、その中から怪談色の強いものを精選されたそうです。じゃあ後何作品か刀剣にまつわる話があるってことですよね?気になる・・・いつかそのまま復刻してくれんかね

 

お読みくださり ありがとうございました。

 

『どこかにいってしまったものたち』~片づけなくても大丈夫。脳内で整理できてます。

注:別に片づけが苦手な人のための収納術の類の本ではありません。

「不思議の品売ります」

手の込んだ創作カタログ本。とでもいいますか、
クラフト・エヴィング商會が取扱ってきた商品の中で明治時代の商品から始まり、大正、昭和と、どこかにいってしまった商品のわずかな資料を集めた「不在品目録本」です。

目録を少し紹介しますと
 ・硝子蝙蝠
 ・万物結晶器
 ・アストロ燈 (大ヒット商品だったとか・・・)
 ・時間幻燈機

どうです?商品名を聞いただけで、なんだかワクワクしませんか。

この本に登場する、かつて存在したであろう とっても不思議な商品の説明書やパンフレットがすべて著者による手作りなのです。

それぞれの商品を時代ごとに紹介しているのですが、パンフレットや説明書のデザインを作るだけではなく、説明文もその時代に合わせた文体や字体で、しっかり細かく作りこまれているので本当にその商品が存在していたのではないかと錯覚してしまいます。

これらの作業については三代目として引き継いだ著者が、最後の項、「平成」でお話しされていますので、始めにそこから読んでも、楽しめると思います。

 

そして、著者は読み手にも「どこかにいってしまったものたち」に、思いを馳せることをお勧めされてます。
この本を通じて、引き出しや押し入れに仕舞い込んだものを見つけてみてください。
あの頃大好きだったもの、大事にとってそのまま忘れてしまったもの。
懐かしく、また新しい発見に繋がるかもしれません。

 

私は…そうですね。部屋を片付けようとして、読みふけったり、思い出に浸ってしまい結局、片付かないタイプなので、脳内で整理しておけば大丈夫です!

あ、こんな時こそ、この本に紹介されていた『万物結晶器』で結晶化できれば思い出の品々がコンパクトにまとめられて、お部屋もスッキリ出来たというのに…!!

 

お読みくださり ありがとうございました。

ブログに興味持って悩むこと5年ばかり経ちました

ようやっと。

ようやっと、自分もブログを始める決意がつき、こうして書き始めることができました。いろんな方のブログがとてもとても参考になり、背中を押してもらいました。
ありがとうございます。

 

「ブログやってみたいな~」と思っては、でも難しそうだし、うまく書くことができるか不安。恥ずかしいくて不安。なにか失敗やらかすんじゃないかと不安。不安。不安。

 

ある程度悩んだらフッきれるもので(いや、5年も悩んだらもうええやろ)、
とりあえず設定もなにも不完全なまま、公開してみました。

 

あとはぼちぼち、勉強しながら、楽しく続けていこうと思います。