内面劇場

本の感想をメインに書いてます

『城崎裁判』温泉って心底サッパリできるのです

志賀直哉の『城崎にて』を読みながら電車の旅をまったり過ごす。執筆の行き詰まりから紹介された城崎温泉で主人公である作家は二泊3日の奇妙な体験をする。道中読んだ本の内容に沿って城崎温泉の観光地を散歩している主人公が気がつくと本の世界、ちょっと逸…

『名刀と日本人』日本刀と人の関わりは切っても切れない

名刀と日本人: 刀がつなぐ日本史 作者:渡邉 妙子 東京堂出版 Amazon 日本刀は武器でありながら、守り刀のように神格的な要素をもつ不思議な存在です。武器としての用途を失ってもなお、その美しさから美術工芸品として現在でも高価なものに変わりがないのが…

『死霊解脱者物語聞書』世の中には嘘のようなホントの話があって

死霊解脱物語聞書―江戸怪談を読む 白澤社 Amazon 累-かさね この名の女性は有名ですよね。様々な物語がつくられていますが、それらの大元となった、とある村で起こった事件を実体験された方々から聞き書き起こした本です。 死霊解脱物語聞書をWeb検索すれば…

『星の王子さま』愛されて、翻訳は星の数ほどあるスーパースター

星の王子さま (岩波文庫) 作者:サン=テグジュペリ 岩波書店 Amazon 今やこの題名を知らない人はいない。と断言できる世界の名作のひとつではないでしょうか。 そのわりに、じゃあ内容を詳細に話せるかと言われれば、あまり詳細に語れるほど正直記憶してない…

『怪談と名刀』刀工についても勉強になる刀剣ダークファンタジー

怪談と名刀 (双葉文庫) 作者:本堂平四郎,東雅夫 双葉社 Amazon 刀剣好き怪談好きに持ってこいのこの本は、日本刀をメインにした28作からなる逸話集です。 日本刀も名刀になると「号」がつけられますが、その由来となる逸話が載っています。 日本刀は古来より…

『どこかにいってしまったものたち』~片づけなくても大丈夫。脳内で整理できてます。

注:別に片づけが苦手な人のための収納術の類の本ではありません。 どこかにいってしまったものたち 作者:クラフト・エヴィング商會 筑摩書房 Amazon 「不思議の品売ります」 手の込んだ創作カタログ本。とでもいいますか、クラフト・エヴィング商會が取扱っ…